【#グルメ】鶏そば啜る 伏見はなれの濃厚鶏白湯スープの鶏そばを食べてみた!

グルメ
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!ウメサクです(>_<)

名古屋市の「伏見駅」近くにあり、長時間かけてじっくり仕上げる絶品鶏そばを味わえるお店です。

記事の内容
  • 店舗情報・アクセス情報の紹介
  • メニューを紹介
  • お店の外観・内装を紹介
  • 鶏そば全のせを食べてみた
  • まとめ

上記の内容をオリジナル写真と共に紹介していきますので、鶏そば啜る 伏見はなれに興味のある方は、ぜひ読んでみて下さい。

スポンサーリンク

店舗情報・アクセス情報

住所愛知県名古屋市中区栄2-1-12 ダイアパレス伏見 B1F
交通手段地下鉄「伏見駅」の4番出口から徒歩約1分
営業時間

・【月~土】11:00~15:00/18:00~22:00

・【日・祝】11:00~15:00

定休日不定休
電話番号052-202-8858
座席27席(カウンターとテーブル席)
個室無し
禁煙・喫煙全室禁煙
駐車場無し
支払い方法現金のみ

鶏そば啜る 伏見はなれのメニュー

鶏そば啜る伏見はなれの外観1

メニューは以下の通りです↓

メインメニュー
商品名値段
鶏そば880円
鶏そば(全のせ)980円
鶏そば(チャーシュー増し)1,080円
中華そば880円
中華そば(全のせ)980円
中華そば(チャーシュー増し)1,080円
レアチャーシュー丼(並)390円
レアチャーシュー丼(大)580円
九条ネギ玉丼300円
トッピング
商品名値段
ライス(並)100円
ライス(大)150円
メンマ100円
ネギ100円
海苔(5枚)80円
生卵60円
煮卵100円
レアチャーシュー(6枚)300円
麺大盛り100円
アルコール
商品名値段
瓶ビール550円
ハイボール390円
レモンサワー390円
ノンアルコールビール390円

お店の外観

鶏そば啜る 伏見はなれは、「伏見駅」の4番出口から徒歩約1分で行くことができます。

お店は、「ダイアパレス伏見」という集合住宅の中にありますよ。

鶏そば啜る伏見はなれの外観2

こちらがダイアパレス伏見の外観。

鶏そば啜る伏見はなれの外観3

中には、多数の飲食店が並びます。

鶏そば啜る伏見はなれのボード

鶏そば啜る 伏見はなれは、地下1階にあるので、こちらの階段で下に降ります。

鶏そば啜る伏見はなれの階段

階段を降りると左手側に鶏そば啜る 伏見はなれがありますよ!

鶏そば啜る伏見はなれの外観4

お店の内装&座席

お店の中は、落ち着きのあるウッディなデザイン。

座席はカウンター4席、テーブルが4席あるので、一人でも集団でも行きやすいです。

鶏そば啜る伏見はなれの内装

商品の注文は、入口近くの食券を買ってスタッフに渡すシステムになっています。

鶏そば啜る伏見はなれの食券

今回はカウンター席に座りました。

テーブル上は清潔感があって好印象です!

鶏そば啜る伏見はなれのテーブル上

お水は、1席に1ピッチャー置いてあります。

鶏そば啜る伏見はなれの水

調味料は、ラーメンコショー・ギャバン・カイエンペッパーなどがありました。

鶏そば啜る伏見はなれの調味料

人気メニュー!濃厚鶏白湯スープの「鶏そば」を食べてみた

今回は、鶏そば啜るの人気メニュー「鶏そば」の全のせを注文しました!

見るからに美味しそうな素敵な鶏そばが来ました↓

鶏そば啜る伏見はなれの鶏そば1

具材はメンマ、ねぎ、煮卵、ナルト。

ねぎは、京の伝統野菜「九条ネギ」を使用しています。

鶏そば啜る伏見はなれの鶏そば2

のりも大きくて食べ応え抜群!

鶏そば啜る伏見はなれの鶏そば3

中でも一番注目の具材はレアチャーシューです。

国産の豚肩ロースを真空低温調理法で、じっくりと長時間熱を加えて作る拘りの具材なんですよ!

噛めば噛むほど、豚の旨味が口に広がる一品でした(>_<)

鶏そば啜る伏見はなれの鶏そば4

実は鶏そばのスープは2層仕立てになっており、表面は生クリーム用のシェーカーで泡立ててあります。

なので、スープの表面は白濁色の泡で覆われていました。

泡立てることで、口当たりがとてもクリーミーに感じますよ!

鶏そば啜る伏見はなれの鶏そば5

スープは濃厚で若干甘みのある味わい。

口当たりも泡の効果でクリーミーでした!

濃厚な味ですが、くどくなく後味もスッキリとしているので、スープを飲むレンゲが止まりませんでした笑

スープにコラーゲンが豊富に含まれているのも、嬉しいポイントですね。

ウメサク
ウメサク

こってり派の方には、かなりおすすめできる鶏そばですよ!

鶏そば啜る伏見はなれの鶏そば6

鶏そばの麺は讃岐うどんで使用されている小麦粉を練り機で、しっかりと練るという特殊な作り方をしているそうです。

特殊な作り方の効果もあってか、麺はもっちりツルツルでコシがありました!

スープとしっかり絡んでとても美味しかったですよ(^O^)

鶏そば啜る伏見はなれの鶏そば7

まとめ:拘りのレアチャーシュー・2層仕立てのコク深いスープとコシのある麺が相性抜群!

鶏そば啜る伏見はなれの鶏そばの暖簾

名古屋市の「伏見駅」近くにある「鶏そば啜る 伏見はなれ」について紹介しました!

興味のある方は、ぜひ足を運んで、絶品の鶏そばを食べてみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました