【シロカ コーヒーメーカーレビュー】安くて機能も豊富!初めてのコーヒーメーカーにおすすめ

電化製品
photo by umesaku-blog.net
この記事は約7分で読めます。

こんにちは!UmeSakuです(^O^)

皆さんはコーヒーを飲みますか?コーヒーは健康にも良いですし、集中力もアップさせてくれるので、集中して作業をしたいときなどにうってつけです!

そこで今回は、私が毎日使っているシロカのコーヒーメーカーについて紹介したいと思います。

当記事を読んで欲しい方
  • コスパがよくおいしいコーヒーを作れるコーヒーメーカーが欲しい
  • 手軽に操作できるコーヒーメーカーがほしい
  • ミル付き、蒸らし機能が付いてるコーヒーメーカーが欲しい
  • タイマー機能が付いてるコーヒーメーカーが欲しい
  • コンパクトでデザイン性に優れたコーヒーメーカーが欲しい

上記のように思っている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。では、早速本題に入っていきましょう!

スポンサーリンク

製品情報

今回紹介するシロカのコーヒーメーカーの製品情報は以下の通りです↓

photo by umesaku-blog.net
  • メーカー:siroca(シロカ)
  • 色:シルバー
  • 型番:SC-A351
  • 価格:15800円
  • 抽出方式:ドリップ方式
  • 重量:約2.7㎏
  • サイズ:幅16.2㎝×奥行28㎝×高さ26.4㎝
  • 最大使用水量:0.55L
  • セット内容:本体、計量スプーン、取扱説明書(保証書)

各パーツと特徴

コーヒーメーカーの本体です。形は四角形になっており、間の空洞にサーバーを入れる仕様になっています。他のコーヒーメーカーにないデザインで、おしゃれに見えます。

サイズ感は非常にコンパクトで、高さは2ℓのペットボトルよりも低いぐらいです。場所をとらないので、机の上やオフィスのデスクに置いても邪魔になりにくいです。

photo by umesaku-blog.net

サーバーはガラス製になっています。コーヒーの抽出量がひと目で分かるように目盛りが書いてあるので非常に便利です。

photo by umesaku-blog.net

メッシュフィルターです。ステンレス製で出来ており、本来ペーパーフィルターでは通すことの出来ない、コーヒー豆から出る油分まで抽出することが出来るため、よりコクが出ておいしいコーヒーを作れます!

メッシュフィルターは、何度も洗って使えるので、いちいち変える手間も省けます。

photo by umesaku-blog.net

給水タンクです。目盛りは、コーヒーを何杯分作りたいかを表した目安です。2杯分飲みたい場合は2の目盛りのところまで水を入れます。

また、給水タンクは着脱式で取り外すこともできるので、お手入れも楽に出来ます。

photo by umesaku-blog.net

ミル付きのバスケットです。刃はプロペラ式を使用してあります。

また、ミル付きバスケットも、着脱式で取り外しが可能なためお手入れが楽に出来ます。

photo by umesaku-blog.net

①コーヒーの作り方

次に、実際にコーヒーを作るときの手順を見ていきましょう!

豆or粉の計量をする

まず始めにシロカのコーヒーメーカーは、豆と粉どちらでもコーヒーを作ることができます。今回は、豆から作る方でやってみたいと思います。

コーヒー豆と粉の使用目安

【ホットコーヒー】

  • 1杯・・・12g
  • 2杯・・・18g
  • 3杯・・・24g
  • 4杯・・・27g

上記が、コーヒー豆or粉の使用目安です。豆であれば電子はかりで、粉の場合は計量スプーンを使って、計量しましょう。

②計量したコーヒー豆or粉をミル付きバスケットに投入する

計量が終わったら、コーヒーメーカーの上部にある蓋を外して、ミル付きバスケットの中にコーヒー豆or粉を投入しましょう!

photo by umesaku-blog.net

③給水タンクに水を入れる

次に、コーヒーメーカーの後ろ側にある給水タンクに、水を入れます。(3杯飲みたい場合は、目盛りの3の位置まで水を入れる)

photo by umesaku-blog.net

④タイマーをセットする

次にコーヒーメーカーの操作です。コンセントを差し込むと下記のように時間が表示されます。これはタイマー機能で、設定した時間にコーヒーを作ってくれる仕様になっています。(スタートボタンのダイヤルで時間を操作できます)

タイマー機能が必要ない場合をそのままスルーしましょう。

photo by umesaku-blog.net

⑤豆/粉の設定をする

次に、左から2番目に見える豆/粉のボタンを押して設定を行います。時間の上に豆の絵粉の絵が表示されています。

豆/粉のボタンを押すことによって、この絵が切り替わるので豆で作る場合には豆の絵を、粉で作る場合には粉の絵になるように設定します。

photo by umesaku-blog.net

⑥スタートボタンのダイヤルで数字の設定をする

時間の下に、小さい文字で数字を選択する場所があります。数字は1~4まであり、給水タンクで入れた目盛り分の数字を選択します。

数字は、スタートボタンのダイヤルで動かすことが出来ます。

photo by umesaku-blog.net

⑦スタートボタンを押す

ここまでできたら、スタートボタンを押します。ボタンを押すとブザーが鳴って、コーヒーの抽出が始まります。

抽出が終了すると、ブザーが鳴りコーヒー豆or粉のアイコンが点灯から点滅に変わります。

また、下記のように30という数字が表示されます。これは、保温機能の残り時間を示しています。30分間保温が可能です。

photo by umesaku-blog.net

お手入れ

豆を抽出した後のミル付きバスケットの様子です。ミル付きバスケットは着脱式なのでお手入れの時は、取り外して台所用中性洗剤で洗い水でよくすすぐようにしましょう。※カッターには十分注意して下さい

photo by umesaku-blog.net

コーヒーサーバーや給水タンクも同様に取り外して、洗濯中性洗剤で洗い水ですすぎましょう。

メッシュフィルターも同様で問題ないですが、網目にコーヒー豆が詰まることがあるのでその場合は、毛の柔らかいブラシで取り除きます。

photo by umesaku-blog.net

シロカのコーヒーメーカーを使ってみて

次に、シロカのコーヒーメーカーを使ってみて、良いと思った点、悪いと思った点についてまとめていきたいと思います。

豆を挽くとき時の音が大きい

豆をミルで粉砕するときに、そこそこ大きい音がするので、夜中や朝一などの時間帯によっては隣人に聞こえないか気になってしまうことがあります。

手軽な操作でコーヒーを作れる

豆や粉の分量をはかり、水を入れスタートボタンを押すだけでコーヒーを作ることができるので、操作が簡単で素早くおいしいコーヒーを作ることができます!

コンパクトで見た目がおしゃれ

サイズ感が他のコーヒーメーカーに比べてかなりコンパクトで、テーブルに置いても場所をとらず邪魔になりません。

また、形もボックス型で可愛らしいおしゃれなデザインも魅力だと思いました。

タイマー機能が便利

シロカのコーヒーメーカーは、タイマーが内蔵されているので忙しい朝でもタイマーを設定していれば、出来たてのコーヒーが簡単に作れるのですごく便利です。

コスパが良く美味しいコーヒーが飲める

コーヒーメーカーに蒸らし機能がついているので、コーヒー粉全体にお湯が行き渡ってコクの深い味になり、香りもしっかりたっていて美味しいコーヒーだと感じました。

また、フィルターも紙ではなく、メッシュフィルターを使っているためすっきり系よりは、コクが深く濃いめの味になっている印象です。

これだけの機能付きで、価格が15000円前後なのでかなりコスパは良いように感じました。

まとめ:コスパ良く手軽で美味しいコーヒーが飲める

シロカのコーヒーメーカーについて紹介しました。

シロカのコーヒーメーカーは、価格帯も安く蒸らし機能などの美味しいコーヒーを作れる機能がついており、なにより簡単な操作でコーヒーを作ることができるので、コーヒーメーカーを初めて買う人などに特におすすめできる商品だと思います!

ぜひコーヒーメーカーの購入を考えている方は候補に入れてみて下さい!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました