紫外線を浴びる機会が多い方必見!雪肌精ホワイトUVミルクをレビュー

スキンケアグッズ
photo by umesaku-blog
この記事は約7分で読めます。

こんにちは!UmeSakuです(^O^)

皆さん日頃から肌の健康を守るためスキンケアを行っていると思います。実は、肌老化の原因の8割は紫外線だと言われています。そのため、肌のスキンケアの中でも、日焼け止め(UVカット)を毎日行うことが極めて重要です。

というわけで今回は、肌が赤くなりやすい敏感肌の私が愛用している雪肌精ホワイトUVミルクの性能やおすすめできるポイントを解説しながらレビューしていきたいと思います。

この記事を読んで欲しい方
  • 日光にさらされる時間が長い方
  • 肌が赤くなりやすい敏感肌の方
  • 日焼け防止効果の高い日焼け止めを探している方
  • さらさらでベタつき感のない日焼け止めを探している方
スポンサーリンク

雪肌精ってどんなブランド?

雪肌精は、1985年に販売されたコーセーの看板商品である美白化粧品を取り扱うブランドです。

和漢植物エキスのちからとやさしさで、雪のような透き通ったくすみのない肌を目指す、肌の美白透明感に力を入れているロングセラーブランド。

現在では、台湾や香港、中国、韓国、東南アジア、アメリカなど世界中でも名が知られるほどのブランドになっています。

雪肌精の主な商品
  • 薬用雪肌精
  • 薬用雪肌精乳液
  • 雪肌精ホワイトUVエマンジョン
  • 雪肌精ハーバルジェル
  • 薬用雪肌精クリーム
  • 薬用雪肌精デイエッセンス
  • 雪肌精ホワイトUVミルク
  • 雪肌精ホワイトUVジェル
  • 雪肌精化粧水仕立て石けん
  • 雪肌精ホワイトパウダーウォッシュ
  • 雪肌精ホワイトCCクリーム
  • 雪肌精ホワイトBBクリーム
  • 雪肌精粉雪パウダー

上記の商品でもごく一部ですが、クレンジング、洗顔フォーム、化粧水、乳液、オールインワンジェル、美容液、日焼け止めクリーム、パウダーなど幅広い化粧品を取り扱っています。

その中でも、ジェルタイプのものや、ミルクタイプのもの、しっとりタイプの化粧水やノーマルタイプの化粧水など、人それぞれの肌のタイプに合うように化粧品が多種類販売されているところも嬉しいポイントですね!

紫外線の基礎知識について

次に、紫外線が人に与える影響や紫外線の種類について書いていきたいと思います。

紫外線は大きく分けて二種類あります。一つは、UVAです。UVAを長期にわたって浴び続けると、繊維芽細胞や、コラーゲンにダメージを与え、しわたるみの原因になります。

もうひとつは、UVBです。UVBを長期的に浴びると、肌の炎症を引き起こしたり、皮膚細胞にダメージを与え、シミそばかすの原因になります。

PA

PAとは、プロテクション・グレイド・オブ・UVAの略で、「UVA防止効果指数」と呼ばれています。つまり、しわやたるみの原因になるUVAの防止効果を示すものになります。

PAはプラス(+)の数が多いほど効果が高いことを示しています。基準は、以下を参考にして下さい。

PAとUVA防止効果の関係
  • 「PA+」・・・UVA防止効果がある
  • 「PA++」・・・UVAの防止効果がかなりある
  • 「PA+++」・・・UVA防止効果が非常にある
  • 「PA++++」・・・UVA防止効果が極めて高い

SPF

SPFは、サン・プロテクション・ファクターの略で、シミやそばかすの原因となるUVBの防止効果を表しています。

SPFの後ろの値は「日焼け止め化粧品を塗った場合、塗らない場合に比べて何倍の紫外線を当てると、翌日に肌がかすかに赤くなるか」を示しています。

SPFは2~50まであり、さらに50以上の場合は「50+」と表示され、数値が高いほど防止効果が高くなります。

SPFの見方

※25分で肌が赤くなる人が、SPF30のUV化粧品を使った場合

25分×SPF30=750分=12時間30分

→12時間30分肌が赤くなるのを防いでくれる

正しい日焼け止めの選び方は?

次に、どういう基準で日焼け止めを選べば良いのか簡単に説明します。

では、一番日焼け防止効果の高いものを選べば良いと思われがちですが、そうではありません。一言で言うと自分の肌質や目的に応じて日焼け止めを選ぶと良いでしょう。

FPSやPAの数値が高いものは、日焼け防止効果も高いですがその分肌に負担がかかりやすかったり、荒れる原因や乾燥しやすかったりもします。

すぐに顔が赤くなる敏感肌の人紫外線の強い場所に長時間いたり、炎天下でスポーツなどをする場合はSPFやPAの値が最も高いものを選ぶと良いでしょう。

逆に、普段あまり外に出ない人や、ちょっと出かけるだけであれば、SPF10~20、PA+~++のもので十分日焼けを防ぐことができます。

上記のように、個人の肌質やシチュエーションに応じて日焼け止めを使い分けられると良いです。

雪肌精ホワイトUVミルク(日焼け止め)の基本情報

次に、私が使っている雪肌精ホワイトUVミルク(日焼け止め)の詳細について紹介したいと思います。

photo by umesaku-blog
商品名雪肌精ホワイトUVミルク
販売元コーセー雪肌精
内容量60g
価格2790円
SPFSPF50+
PAPA++++
備考顔・からだ用

値段は少々高めですが、UVAの防止効果を表すPAとUVBの防止効果を示すSPF最も高い数値のため、効果はかなり期待できると思います。

乳液仕立てになっているので、紫外線カットのほかにも肌の透明感を引き出してくれる役割もあります。

雪肌精ホワイトUVミルクをレビュー!

次に雪肌精ホワイトUVミルクについてレビューしていきたいと思います。

ボトルデザインはこのようになっています。青色のボトルに白文字で気高い印象のデザインになっています。

photo by umesaku-blog

ノズルはこのようになっています。逆さまにして出すとけっこうな量が出てしまうため、角度を小さめにして少量ずつ出すようにしましょう!

photo by umesaku-blog

クリームは、乳液ベースでできているため肌にしっかりとしたうるおいを与え乾燥も防いでくれます。また、水に強いウォータープルーフですが白浮きはしません。

香りは、モダンフローラルの香りで匂いは控えめな印象です。また、クリームが2層タイプなのでしっかり振ってから出すようにしましょう!

photo by umesaku-blog

クリームは伸びがよく少量でも広範囲に塗ることができます。また、クリーム自体は軽くさらさらしていてなめらかでベタつき感はありません。

塗れば塗るほどに明るい肌へと導いてくれます!

photo by umesaku-blog

買って良かった点

次に、雪肌精ホワイトUVミルクを買って良かったところについてまとめていきたいと思います。

日焼け止め効果絶大!

去年の5月頃から、出かける前は雪肌精のホワイトUVミルクを使っていますが、今のところ日焼けはしていないので、日焼け止め効果については満足しています。

ベタつき感がない

日焼け止めは、ベタベタしたものが多く塗った後不快になる商品がありますが、雪肌精ホワイトUVミルクは、軽くサラサラしており肌なじみが良くベタつき感がありません。塗った後に不快になることなく使うことができます。

香りがいい

私の経験上、SPF(UVBの防止効果)が高いほど香りがきつくなる印象があります。しかし、雪肌精ホワイトUVミルクはSPFが一番高い値を示していますが、香りがきつくなく使いやすいです。

長持ちする

内容量が60gと聞くとすぐに無くなってしまいそうな気がしますが、雪肌精ホワイトUVミルクはクリームの伸びがよく少量で広範囲に使えるため長く使うことができます。

肌が白く明るくなる

和漢植物エキスを多く配合しているため、塗れば塗るほど肌の透明感が増してトーンアップしたように感じました。

簡単に落とせる

洗顔料やボディーソープで顔を洗うだけで日焼け止めを落とせるため、非常に楽です。

気になった点

次に、雪肌精ホワイトUVミルクを買って気になった点についてまとめていきたいと思います。

アルコールが入っている

雪肌精ホワイトUVミルクには、アルコールが含まれているため人によっては、肌がヒリヒリする等の症状が見られる可能性があります。

アルコールに弱い方にはあまりおすすめできません。

値段が高い

紫外線の防止効果など効果は素晴らしいですが、その分値段も高い印象です。継続して使うのが難しいと感じる方もいるかもしれません。

まとめ

雪肌精ホワイトUVミルクをレビューしました。

約10ヶ月ほど使用していますが、日焼けすることなく過ごせているので、効果については満足しています。

やや値段も高いですが効果も十分に感じれますし、使い心地や香りの良さ、肌のトーンアップの効果を考えるとそれだけの価値はあるように感じました。

しかし、アルコールを含有しているため購入する際は、テスターで自分の肌に合うかどうかを確かめてから購入するようにすることをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました