【オリックス】ジェイコブ・ワゲスパック投手を獲得!成績・特徴・プロフィールなどをまとめてみた

"出典 Ryan Hoffman on Unsplashより引用”プロ野球
この記事は約11分で読めます。

こんにちは!ウメサクです(^_^)/

オリックスバファローズが、前ブルージェイズのジェイコブ・ワゲスパック投手の獲得を発表しました。

ウメサク
ウメサク

MLBで通算27試合登板している大型右腕投手です!

今回の記事では、ジェイコブ・ワゲスパック投手の「プロフィール」・「年度別メジャー・マイナーの成績」・「投手としての特徴」などをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

プロフィール

野球イメージ画像1
“出典Ben Hershey on Unsplashより引用”
名前ジェイコブ・ダニエル・ワゲスパック
国籍アメリカ
生年月日1993年11月5日(28歳)
身長198cm
体重106㎏
投球・打席右投・右打
ポジション投手
プロ入り2015年 アマチュアFA
MLB初出場2019年5月27日
経歴(MLB)

・トロント・ブルージェイズ(2019-2020)

・オリックスバファローズ(2022-)

2012年にMLBドラフト37巡目でパイレーツに指名されたが、入団を断り大学進学を選んだ。

2015年にフィリーズと契約しプロ入り。

2015年~2018年まではメジャー昇格は無くマイナーでプレーを続けた。

2019年5月26日に初めてメジャー昇格を果たすと、この年は主に先発で起用され16試合に登板し5勝・5敗、63奪三振、防御率4.38とメジャー初昇格の年にしては、良い成績を残しました。

しかし、翌年の2020年には11試合に登板し防御率8.15と成績を残せずマイナーへ降格すると、2021年にはメジャーでの登板機会が与えられませんでした。

ウメサク
ウメサク

2020年にはメジャーで爪痕を残しましたが、それ以降は成績を残せずマイナー暮らしが続いた為、NPB行きを決断したそうです!

年度別メジャー・マイナー(3A)成績

野球イメージ画像2
“出典Edgar Moran on Unsplashより引用”
  • 年度別MLB成績
年度登板先発防御率HS投球回与四球奪三振BB/9K/9WHIP
201916134.38550078.029633.357.271.33
20201108.15001017.29164.718.372.04
通算27135.08551095.238793.597.471.46
  • 年度別マイナー(3A)成績
年度登板先発防御率S投球回与四球奪三振BB/9K/9WHIP
201821145.0959192.230812.937.901.41
201912115.3026052.225524.318.971.56
202124102.8672169.121742.749.641.21
通算57354.4014172214.2762073.198.701.38

メジャーリーグでは通算27試合の内、先発登板が13、リリーフ登板が14、3Aでは先発登板35、リリーフ登板22と、先発・リリーフどちらも同じぐらいの登板実績がある。

2020年のメジャーでは全てリリーフ登板し、2021年の3Aでもリリーフ登板のほうが多くなっているので、近年では中継ぎがメインになっています。

2021年にはメジャー登板はありませんが、3Aで7勝2敗、防御率2.86、与四球率2.74、奪三振率9.64と全ての面でキャリアハイの成績を残している為、来季に向けて期待が持てそうです。

投手としての特徴

下記はワゲスパック投手の2020年メジャーリーグでの投球映像です↓

以下より、投手としての特徴を見ていきましょう↓

球種

ワゲスパック投手の2020年MLBの球種&投球割合
  1. 4シーム・・・43.8%
  2. チェンジアップ・・・18.9%
  3. カットボール・・・18.1%
  4. カーブ・・・10.8%
  5. シンカー・・・8.3%

2020年は、4シーム・チェンジアップ・カットボール・カーブ・シンカーの5種類と全てリリーフ登板だった割には球種が豊富ですね。

ウメサク
ウメサク

ちなみに、先発起用が多かった2019年には上記の5種類に加えて【スライダー】も投げていました!

以下より、球種別のデータを見ていきましょう↓

4シーム(MLB成績)

年度投球数打数被安打被本塁打奪三振被打率平均球速スピンwhiff%
201942910327335.262148.5㎞/h201128.9
202017434719.206148.9㎞/h199020.2

2020年は最速155㎞/h・平均球速148.9㎞/hとなっています。

2020年は全てリリーフ登板でしたが、平均球速148.9㎞/hとMLBの平均に比べると遅いですね。

スピン量も1990と平均よりかなり劣った数字になっていますが、ホップ成分は高い数字を出しています。

本来、スピン量が高いほうがホップ成分も上がりやすいですが、ワゲスパック投手の場合は少し特殊な例ですね。

ホップ成分が高いほうが、シュート回転しにくく球速よりも速く感じるので、打ちにくいボールになります。

球速もスピン量も平均より劣っていますが、被打率.206と打たれていないのは、このホップ成分が高いのが要因かもしれません。

チェンジアップ(MLB成績)

年度投球数打数被安打被本塁打奪三振被打率平均球速スピンwhiff%
201910818305.167133.6㎞/h151938.5
20207518814.444132.4㎞/h132532.4

 

4シームの次に多くの割合で投げている球種がチェンジアップです。

2019年には被打率.167と抑えていますが、2020年には被打率.444と打ち込まれています。

特にチェンジアップに関しては、対右と対左で投球割合が大きく変わります↓

対右打者の投球割合
  1. 4シーム・・・44.8%
  2. カットボール・・・25.8%
  3. チェンジアップ・・・11.8%
  4. カーブ・・・9.3%
  5. シンカー・・・8.8%
対左打者の投球割合
  1. 4シーム・・・42.9%
  2. チェンジアップ・・・26.1%
  3. カーブ・・・12.3%
  4. カットボール・・・10.8%
  5. シンカー・・・7.9%

右打者にはチェンジアップ11.8%なのに対し、左打者には26.1%と投球割合が多く、左打者に対して有効なボールです。

カットボール(MLB成績)

年度投球数打数被安打被本塁打奪三振被打率平均球速スピンwhiff%
20193207319312.260143.6㎞/h198416.3
20207211502.455142.3㎞/h192829.0

2019年は被打率.260に対し、2020年は被打率.455と悪化しています。

カットボールは右打者に対して25.8%、左打者に対しては10.8%の割合で投げており、右打者に対して有効なボールなのが分かりますね。

右打者には4シームとカットボール、左打者には4シームとチェンジアップを中心に投球を組み立てています。

カットボールの平均球速は142.3㎞/で4シームと5㎞/hほどしか球速差が無く、打者からすると見分けが付きにくいボールです。

4シームと思わせて打者の芯を外し、打たせて取ることができるボールです。

カーブ(MLB成績)

年度投球数打数被安打被本塁打奪三振被打率平均球速スピンwhiff%
201919041608.146126.7㎞/h216815.7
2020435301.600122.0㎞/h213235.7

2年間の通算で見てみると46打数9安打で、被打率.196と優秀な成績を残しています。

ワゲスパック投手は身長198cmの長身で、リリースポイントが高いのでカーブの変化は上から下に落ちるような縦の変化をします。

球速はMLBの平均ぐらいで、回転数は平均より少ないので変化量も小さめなのが特徴です。

シンカー(MLB成績)

年度投球数打数被安打被本塁打奪三振被打率平均球速スピンwhiff%
2019216481343.271145.2㎞/h198318.4
20203310400.400146.7㎞/h19579.1

平均球速が146.7㎞/hとほぼ4シームと変わらない球速で沈む変化をします。

2年間の被打率は.293と他の球種に比べて高く、被本塁打率も高いのが不安要素です。

与四球は多くない

ワゲスパック投手の9イニングの間にいくつの四球を与えるかを表す与四球率の指標【BB/9】は以下のようになっている↓

MLBの年度別BB/9
  • 2019年・・・3.35
  • 2020年・・・4.71
  • MLB通算・・・3.59
3Aの年度別BB/9
  • 2018年・・・2.93
  • 2019年・・・4.31
  • 2021年・・・2.74
  • 3A通算・・・3.19

MLBの通算は3.59、3Aの通算は3.19とだいたい9イニングに3個ぐらいの四球を与える計算になります。

数値はだいたいMLBの平均ぐらいなので、四球を多く出して崩れるタイプのピッチャーでは無さそうですね。

左打者が得意

2019年と2020年のワゲスパック投手MLB左右別被打率は以下のようになっています↓

2019年左右別被打率(MLB)

対右打者

・4シーム・・・59打数19安打(被打率.322)

・カットボール・・・42打数10安打(被打率.238)

・シンカー・・・31打数7安打(被打率.226)

・カーブ・・・22打数5安打(被打率.227)

・スライダー・・・16打数7安打(被打率.438)

合計・・・171打数48安打(被打率.281)

対左打者

・4シーム・・・44打数8安打(被打率.182)

・カットボール・・・31打数9安打(被打率.290)

・チェンジアップ・・・17打数3安打(被打率.176)

・カーブ・・・19打数1安打(被打率.053)

・シンカー・・・17打数6安打(被打率.353)

・スライダー・・・2打数0安打(被打率.000)

合計・・・130打数27安打(被打率.208)

2020年左右別被打率(MLB)

対右打者

・4シーム・・・18打数5安打(被打率.278)

・カットボール・・・7打数4安打(被打率.571)

・チェンジアップ・・・6打数3安打(被打率.500)

・カーブ・・・1打数1安打(被打率1.000)

・シンカー・・・7打数3安打(被打率.429)

→合計・・・39打数16安打(被打率.410)

対左打者

・4シーム・・・16打数2安打(被打率.125)

・チェンジアップ・・・12打数5安打(被打率.417)

・カーブ・・・4打数2安打(被打率.500)

・カットボール・・・4打数1安打(被打率.250)

・シンカー・・・3打数1安打(被打率.333)

→合計・・・39打数11安打(被打率.282)

2019・2020年の左右別被打率を見てみると、対左打者の方が対右打者に比べどちらの年も1割以上も被打率が低く、左打者を得意にしているのが分かります。

右投手ですが、左打者の方が得意な珍しいタイプのピッチャーですね。

特に左打者に対しての4シームは2019年被打率.182、2020年被打率.125と2割以下を記録しており、左打者にとってかなり打ちにくいボールです。

奪三振能力は平均的

ワゲスパック投手の9イニングの間にいくつの三振を奪えるかを表した指標「K/9」の年度別MLB成績は以下の通りです↓

年度別K/9(MLB)
  • 2019年・・・7.27
  • 2020年・・・8.37
  • MLB通算・・7.47
年度別K/9(3A)
  • 2018年・・・7.90
  • 2019年・・・8.97
  • 2021年・・・9.64
  • 3A通算・・・8.70

MLB通算のK/9は7.47と平均的な数字で、奪三振もそこそこ奪えています。

3Aでは、8.70と高い数字を記録。

特に決め球には4シームを50%近い割合で投げており、奪三振率も4シームが一番高いです。

決め球に50%近くも投げていることから、ワゲスパック投手は4シームにかなり自信を持っていそうですね!

年度別のK/9を見ていると2018年から年々向上しており、直近の2021年(3A)では9.64とかなり高い数字を記録しているので、2022年も期待できそうです。

まとめ:ホップ成分の高い4シームと対左打者に強いのが特徴

野球イメージ画像4
“出典Chris Moore on Unsplashより引用”

ジェイコブ・ワゲスパック投手について紹介しました。

ワゲスパック投手の特徴
  • MLBでは先発・リリーフどちらも経験がある
  • 球種は4シーム・チェンジアップ・カットボール・カーブ・シンカー・スライダーの6種類
  • 平均球速は148.9㎞/hとMLB平均より遅い
  • 4シームはホップ成分が高く被打率も低い
  • カーブの通算被打率.196と最も打たれない球種
  • BB/9は平均的で与四球はあまり多くない
  • K/9は平均的で奪三振能力は普通
  • 対左打者に強い

オリックスでは、ジェイコブ・ワゲスパック投手を先発・リリーフどちらで起用するんでしょうね??

オリックスは先発陣が充実しているので、リリーフ起用の可能性が高いかなーと個人的には思いますが、球種が多いので先発で起用するのもありな気がします!

2022年の活躍に期待ですね!

プロ野球が視聴できる、おすすめネット配信サービスの特徴や比較などをまとめた記事はこちらです↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました