【日本ハム】2020年開幕スタメン・先発ローテーション・リリーフ投手を予想!

プロ野球
“出典 NeONBRAND on Unsplashより引用”
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!UmeSakuです(^O^)

今年のプロ野球開幕日が不透明なままですが、今回はいち早く2020年の日本ハムファイターズの開幕スタメン、先発ローテーション、リリーフ投手を予想してみたいと思います。

早速、本題に入っていきましょう!

スポンサーリンク

去年の成績

去年の成績を振り返ってみましょう!

2019年勝敗

投手成績

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-4-800x67.png

打者成績

昨シーズンは、先発投手が早いイニングで降り中継ぎ投手につなぐショートスターターを採用。上沢投手やマルティネス投手のケガもあり、長いイニングを投げられる先発投手が少ないチーム事情から取り入れたと考えられる。

昨シーズンは、途中まで上位争いをしていたが、8月頃に四番の中田選手が離脱、ショートスターターの疲れでリリーフ投手が打ち込まれ大失速しました。

投手面ではQS率と完投・完封がパリーグ最下位と長いイニングを投げられる先発投手不足が課題になっています。

打撃面では、打率の残せる選手は多いが本塁打がパリーグ最下位、長打率がパリーグ5位と長打力不足が影響し得点をあまり奪うことができなかった。

打者スタメン予想

次に、2020年日本ハム打者のスタメンを予想していきたいと思います。

2020年のスタメンは上記のように予想しました!1~4番までは、ほとんど変わらず5番打者は王選手と渡邊選手で悩みましたが、昨年11本塁打の実績がある渡邊選手がクリーンナップに入ると思いました。

DHも王選手と清宮選手の争いになると思いますが、開幕戦はオープン戦から好調だった王選手がスタメンになると予想。1年間通して清宮選手と併用して起用される可能性が高いと思います。

サードのポジションは、当初、今季新加入のビヤヌエバ選手がつくと思っていましたが、オープン戦で横尾選手が数字を残しビヤヌエバ選手が、絶不調だったことから、開幕のサードは横尾選手になると予想しました。

先発ローテーション予想

次に、先発ローテーションを予想していきたいと思います。

2020年先発ローテションは、上記のように予想しました!開幕投手は、ほぼ間違いなく有原投手が登板すると思います。2番手には昨年ケガで出場できなかったが2017年に二桁勝利をあげたマルティネス投手。

3番手には実績豊富で先発・中継ぎどちらもこなせる金子投手。4番手は、また別のチームとの初戦になり重要な試合になるため第二のエースである上沢投手になる可能性が高いと考えました。しかし、昨シーズンのケガの状態によってはローテから外される可能性もあります。

5番手は、新外国人投手のバーヘイゲン投手もしくは、ロドリゲス投手になるかと思います。外国人選手枠の問題があるため、この2選手で外国人枠を争い、成績を残した方が先発ローテに入ると予想。

6番手は一年目からコンスタントに成績を残している加藤選手と予想。ファイターズの先発ローテションはほとんどが右腕でサウスポーがいないため、実績あるサウスポーの加藤投手がローテに入る可能性が高いと思いました。

その他にも、杉浦投手や今年ドラフト1位で加入した河野投手などもローテ候補にあがるかもしれません。

リリーフ投手予想

次に、リリーフ投手、セットアッパー、抑え投手を予想したいと思います。

リリーフ投手は上記のように予想しました!まず、実績豊富な宮西投手は間違いなくセットアッパーとして起用されると予想します。

もう一人のセットアッパーとして、玉井投手を予想しました。昨年チーム最多の65試合に登板した実績と、左の宮西投手に対して玉井投手は右投げなので、相手打者の左右別で起用がしやすいと思ったからです。

抑え投手も、昨年実績を残している秋吉投手の可能性が高いです。石川投手も抑えとして実績があるので、開幕は秋吉投手になると思いますが、成績を落とすとシーズン途中で抑え投手が石川選手に変わる可能性もあります。

他のリリーフ投手は、昨年登板の多かった、堀投手、石川投手、公文投手、井口投手が一軍に登録される可能性が高い。

その他にも、西村投手や、村田投手などが一軍候補にあがりそうだ。

まとめ

2020年日本ハムの開幕スタメン、先発ローテーション、リリーフ投手の予想しました。

日本ハムは昨年5位で終わってしまいましたが、今年はマルティネス投手や上沢投手などのケガ人の復帰や新外国人選手の加入などあり、課題だった先発投手不足も解消できるため優勝争いも期待できるシーズンだと思います!

今シーズンの開幕が楽しみですね!最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました