【マックス バイモ11ポリゴホッチキス レビュー】軽い力で最大40枚の紙をとじられる!

ファッション
photo by umesaku-blog.net
この記事は約6分で読めます。

こんにちは!ウメサクです(^O^)

3月になって少しずつ暖かくなってきましたね!最近は花粉症がひどくて大変です(-_-;)

最近家で使っていたホッチキスが壊れて、新しいホッチキスを探していたときに見つけたのがこちらです↓

photo by umesaku-blog.net

これはマックス バイモ11ポリゴのホッチキスになります。このホッチキスすごく使い勝手が良くお気に入りの商品なので、今回紹介させて下さい!

ウメサク
ウメサク

一度に最大40枚の紙をとじられることで有名なホッチキスです!

等記事はこんな方におすすめ
  • 軽い力で大量の紙をとじれるホッチキスが欲しい
  • コンパクトで軽く使いやすいホッチキスが欲しい
  • とじた後、針の凹凸が目立たずキレイな仕上がりになるホッチキスが欲しい
  • エッジの効いたデザインのホッチキスが欲しい
  • バイモ11ポリゴに興味がある

等記事の内容
  • バイモ11ポリゴの種類を紹介
  • バイモ11ポリゴの特徴を紹介(現物の写真付き)
  • 実際に使ってみた感想
  • まとめ

では、本題に入っていきましょう!

スポンサーリンク

商品紹介

photo by umesaku-blog.net
ブランドマックス(MAX)
製品型番HD-11SFLK/LG
ライトグリーン
価格820円
とじ枚数40
付属品No.11-1M針 1箱(1000本)
サイズ(長さ×高さ×幅)9.8cm×7.1cm×2.8cm
重量135g

今回紹介するのはマックス社のバイモ11ポリゴのホッチキスです!バイモ11シリーズは40枚の紙をとじる機能があり、バイモ11ポリゴはこの機能性を保ったまま、小型化・軽量化を実現させ、さらに使いやすくなった製品です。

ホッチキスのカラーはピンクブラックブルーライトグリーンの4種類。私はライトグリーンを購入しました!

バイモ11ポリゴを紹介

バイモ11ポリゴの特徴や外観、使い方について写真付きで紹介します!

下記の写真がバイモ11ポリゴの外観です。今回のバイモ11ポリゴシリーズはポリゴン(多面体)なデザインという意味合いがあるそうです。

なので従来の丸みを帯びたバイモ11シリーズとは違って、ダイヤモンドを思わせるような多面的で美しいデザインになっています。

photo by umesaku-blog.net

実際に手に持ってみました!ポリゴはバイモスタンダードシリーズよりもサイズが小さくなっているので、女性の手でも収まりが良いサイズ感になっています。

photo by umesaku-blog.net

中を開いてみましょう!下記の写真のように口が大きく開いて固定できるので針の装填がしやすい作りになっています。

photo by umesaku-blog.net

針を入れるところの側面を見てみると丸い穴と数字が書かれています。これは針の残量を確認する窓になっています。下記の写真で言うと20の窓には針がなく、10の窓には針が見えるので残りが10本程度というのが一目で分かります。

photo by umesaku-blog.net

バイモ11ポリゴをもっと詳しくみていきましょう!下記の写真はホッチキスのドライバ(針を押し下げる部分)です。

ドライバをよく見ると左右に突起部分があります。この突起で針足の真上を押すことで針の変形と逃げを防ぎ針を最後まで垂直に貫通させることができます。

photo by umesaku-blog.net

針を入れるマガジン部分の先端には、下記のような板バネがあります。この板バネは2段クリンチャ機構といって針の変形を防いだり、書類の厚さによって変わる針の進入角度に対応しクリンチする役割があります。

photo by umesaku-blog.net

リムーバは後ろについています。針が飛び散りにくく見やすいリムーバです。

photo by umesaku-blog.net

実際に使ってみた

実際にバイモ11ポリゴを使ってみたいと思います。まずは、付属されている針について紹介します。バイモ11シリーズは一般的な10号ホッチキス針は使用できません。下記の写真のようにバイモ11シリーズ専用のNo.11針を使用します。

photo by umesaku-blog.net

No.11針は一般的な10号針と線径(太さ)は同じですが、40枚の紙をとじれるよう足の長さが1mm長く、横幅は2枚とじで曲がった針足が重ならないよう2mm長くなるよう設計されています。

photo by umesaku-blog.net

実際に40枚の紙をとじてみました!40枚あっても軽い力でとじることができました!反動で手が痛くなることも無かったです。

photo by umesaku-blog.net

針の裏側の写真です。通常のホッチキスは針の打ち込みと同時に曲げを行うため、針が浮いてしまいキレイな仕上がりになりにくいです。

一方でバイモ11ポリゴのホッチキスは、針を平らに折り曲げる「フラットクリンチ」を採用しているので、針の凹凸の膨らみを抑えキレイな仕上がりになります

photo by umesaku-blog.net

ホッチキスでとじた紙の上に書類を重ねてもかさばらないのが嬉しいですね。

photo by umesaku-blog.net
photo by umesaku-blog.net

感想

photo by umesaku-blog.net

マックスのバイモ11ポリゴを使ってみた感想を紹介します。まず、気になった点は以下の通りです↓

  • ホッチキスの上下が分かりにくい

ホッチキスのハンドルとクリンチャ(底の部分)の厚みが同じぐらいなのでパッと見上下が分かりにくいことがあります。

慣れれば問題ないですが、はじめて使う人は指などを挟まないように注意が必要です。

photo by umesaku-blog.net

バイモ11ポリゴを使ってみて良いなと思った点は以下の通りです↓

  • 軽い力で大量の紙をとじられる
  • コンパクトで軽量
  • 針の凹凸無く平らにとじれるので書類がかさばらない
  • デザインがおしゃれ

一番良いなと思ったところは軽い力でも多くの紙をとじれるところです。1回で最大40枚とじれるので今まで2回・3回と分けていたのが、1回で片付くようになり作業効率が上がりました

ポリゴは今までのバイモ11スタンダードモデルに比べて、コンパクトになり重量も軽くなったので手にも収まりがよく使いやすいです。

デザイン面もすごくお気に入りです。ホッチキスというと丸みのあるボディが多いですが、ポリゴは多面的なボディをしていてエッジの効いたデザインをしています。

ウメサク
ウメサク

カラーはピンク・ブラック・ブルー・ライトグリーンがありますがどれも色映えがいいですよ!

まとめ:コンパクト・軽量で多くの紙をとじられるホッチキス

photo by umesaku-blog.net
バイモ11ポリゴの特徴
  • 軽い力で最大40枚の紙をとじれる
  • コンパクト・軽量で手に収まりやすいサイズ感
  • 針の凹凸無く平らにとじれるので書類がかさばらない
  • デザインがおしゃれ

マックスのバイモ11ポリゴについてレビューしました。

バイモ11ポリゴは上記のような特徴があるので、ホッチキスの作業効率を上げたい方使いやすいホッチキスがほしい方とじた後の仕上がりがきれいになるホッチキスが欲しい方には、おすすめできる商品だと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました