【阪神タイガース】カイル・ケラー投手を獲得!成績・特徴・プロフィールなどをまとめてみた

プロ野球
この記事は約9分で読めます。

こんにちは!ウメサクです(^_^)/

阪神タイガースが、前パイレーツのカイル・ケラー投手の獲得を発表しました。

ウメサク
ウメサク

2021年もメジャーで32試合登板しています!

今回の記事では、カイル・ケラー投手の「プロフィール」・「年度別メジャー・マイナーの成績」・「投手としての特徴」などをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

プロフィール

野球イメージ画像1
“出典Ben Hershey on Unsplashより引用”
名前カイル・ロバート・ケラー
国籍アメリカ
生年月日1993年4月28日(28歳)
身長193cm
体重93㎏
投球・打席右投・右打
ポジション投手
プロ入り2015年 MLBドラフト15巡目
MLB初出場2019年8月4日
経歴(MLB)

・マイアミ・マーリンズ(2019)

・ロサンゼルス・エンゼルス(2020)

・ピッツバーグ・パイレーツ(2021)

・阪神タイガース(2022-)

MLBドラフトでは15巡目(全体536位)でプロ入り。

2019年8月4日に初めてメジャーで登板すると、この年は10試合に登板し防御率3.38の成績を残した。

2021年にパイレーツに移籍するとキャリアハイの32試合に登板したが防御率6.48と思うような成績を残せなかった。

2021年のオフに自由契約になっている。

ウメサク
ウメサク

MLBの実績はあまり無いですが、年齢が28歳と若くNPBで伸びる可能性が高い投手ですね!

年度別メジャー・マイナー(3A)成績

野球イメージ画像2
“出典Edgar Moran on Unsplashより引用”
  • 年度別MLB成績
年度登板先発防御率HS投球回与四球奪三振BB/9K/9WHIP
20191003.38000010.28117.069.711.22
2020207.7100002.1218.574.292.14
20213206.48112033.122365.989.791.56
通算4405.83112046.132486.259.371.41
  • 年度別マイナー(3A)成績
年度登板先発防御率S投球回与四球奪三振BB/9K/9WHIP
2018501.350016.22102.9014.520.90
20193704.50231054.021733.5012.171.20
20211311.9620118.13311.4915.410.87
通算5513.65431279.0261142.9612.991.10

MLBでは44試合登板全てで中継ぎ起用されており、先発での起用はありません。

3Aでは抑えも経験しており、通算で12セーブを記録しています。

投手としての特徴

下記はカイル・ケラー投手の2021年メジャーリーグでの投球映像です↓

以下より、投手としての特徴を見ていきましょう↓

球種

カイル・ケラー投手の2021年MLBの球種&投球割合
  1. 4シーム・・・67.9%
  2. カーブ・・・31.1%

2021年には、4シームとカーブの2球種しか投げていません。

2020年にはチェンジアップ、2019年には1球だけですがスライダー・カットボールなども投げています。

以下より、球種別のデータを見ていきましょう↓

4シーム(MLB成績)

年度投球数打数被安打被本塁打奪三振被打率平均球速スピンwhiff%
201913127538.185152.1㎞/h240027.0
2020244100.250151.1㎞/h22120.0
20213637819520.244152.1㎞/h230812.6

カーブ(MLB成績)

年度投球数打数被安打被本塁打奪三振被打率平均球速スピンwhiff%
2019609003.000131.5㎞/h269536.0
2020145201.400129.9㎞/h242216.7
20212905011416.220131.0㎞/h251534.7

チェンジアップ(MLB成績)

年度投球数打数被安打被本塁打奪三振被打率平均球速スピンwhiff%
202032000.000141.520820.0

ほとんど4シームとカーブで投球を組み立てている

2019~2021年の投球割合を見ると4シーム(58.4%)・カーブ(41.0%)・チェンジアップ(0.4%)・カットボール(0.1%)・スライダー(0.1%)となっています。

ほとんど4シームとカーブの2球種だけで投球を組み立てています。

中継ぎ投手の中でも球種は少ないタイプの投手ですね。

4シームの平均球速152.1㎞/h・最速は157.5㎞/h

4シームの平均球速は152.1㎞/h、最速は2021年に157.5㎞/hを記録しています。

MLB中継ぎ投手の平均球速に比べると、やや遅いほうですが、NPBの平均よりはかなり速い球速です。

4シームの大きな特徴として2021年のスピン量は2308とMLBの平均より高く、ホップ成分が平均より多いです。

ホップ成分が多いので、初速と終速の差が少なくノビのある4シームを投げるので、打者からすると球速以上に速く感じるボールです。

ウメサク
ウメサク

MLB通算の4シーム被打率が.229と低いのはノビの良さが関係しているのかもしれませんね!

対右打者が得意

カイル・ケラー投手の年度別左右別被打率(MLB)は以下のようになっています↓

年度別左右別被打率

○2019年

・対右打者・・・26打数3安打=被打率(.115)

・対左打者・・・10打数2安打=被打率(.200)

○2020年

・対右打者・・・8打数3安打=被打率(.375)

・対左打者・・・3打数0安打=被打率(.000)

○2021年

・対右打者・・・73打数16安打=被打率(.219)

・対左打者・・・55打数14安打=被打率(.255)

○2019年~2021年通算

・対右打者・・・107打数22安打=被打率(.206

・対左打者・・・68打数16安打=被打率(.235

MLB通算の左右別被打率は、対右打者.206で対左打者が.235となっています。

そこまで左右差はありませんが、対右打者のほうが成績が良いです。

また、2021年の対戦打席のうちの三振の割合を表した指標【K%】は、対右打者23.3%、対左打者20.3%と左右共に三振を奪えています。

ウメサク
ウメサク

K%の平均は18%前後なので、左右とも平均以上の成績です。

4シームの対左打者被打率がやや高い

2019年~2021年の球種別・左右別被打率は以下のようになっています↓

球種別・左右別被打率

○2019年~2021年の通算左右別被打率

1、4シーム

・対右打者・・・68打数14安打=被打率(.206) 18奪三振

・対左打者・・・41打数11安打=被打率(.268) 10奪三振

2、カーブ

・対右打者・・・39打数8安打=被打率(.205) 11奪三振

・対左打者・・・25打数5安打=被打率(.200) 9奪三振

4シームの対左打者の被打率は.268とやや打たれやすいですね。

カーブは左右共に被打率が低く奪三振も奪えていますね!

投球割合は左右であまり変わらない

2021年左右別投球割合

対右打者

・4シーム・・・55.8%

・カーブ・・・44.2%

○対左打者

・4シーム・・・55.5%

・カーブ・・・44.5%

2021年左右別投球割合は、左右共に4シームとカーブが6:4の割合で投げています。

左右でここまで投球割合が変わらないのは、珍しいタイプですね!

与四球がかなり多く制球力に難がある

カイル・ケラー投手の9イニングの間にいくつの四球を与えるかを表す与四球率の指標【BB/9】は以下のようになっている↓

MLBの年度別BB/9
  • 2019年・・・7.06
  • 2020年・・・8.57
  • 2021年・・・5.98
  • MLB通算・・・6.25

MLBの通算BB/9は6.25となっており、9イニングで6~7個の四球を与える計算になっています。

BB/9の平均は3.0~3.5となっているので、カイル・ケラー投手は倍近くも高い数値になっています。

与四球率がかなり高いので、ここを改善しないとセットアッパーや抑えなどはなかなか任せずらいですね。

ウメサク
ウメサク

一方で3Aでは通算BB/92.96となっており、与四球率は高くありません。

奪三振能力がかなり高い

カイル・ケラー投手の9イニングの間にいくつの三振を奪えるかを表した指標「K/9」の年度別MLB成績は以下の通りです↓

年度別K/9(MLB)
  • 2019年・・・9.71
  • 2020年・・・4.29
  • 2021年・・・9.79
  • MLB通算・・・9.37

MLB通算のK/9は9.37と9イニングに9~10個の三振を奪える計算になります。

K/9の平均は7.0前後なので、カイル・ケラー投手は奪三振能力が非常に高い投手と言えます。

球種がほとんど4シームとカーブの2球種だけで、この奪三振率はすごい優秀ですね!

4シームとカーブどちらも奪三振率が高く、ウイニングショットで2球種使えるのが強みです。

まとめ:与四球が多い・4シームとカーブ共に奪三振率が高い

野球イメージ画像4
“出典Chris Moore on Unsplashより引用”

カイル・ケラー投手について紹介しました。

カイル・ケラー投手の特徴
  • MLBでは全試合中継ぎで起用されている
  • 球種は4シームとカーブの2球種
  • 2020年・2019年にはスライダー・カットボール・チェンジアップを少しだけ投げている
  • 4シームの平均球速152.1㎞/h・最速は157.5㎞/h
  • 4シームはホップ成分が高くノビが良い
  • 対右打者のほうが成績が良い
  • 投球割合は左右であまり変わらない
  • 与四球数が多く制球に問題あり
  • 奪三振能力が非常に高い
  • 4シームとカーブどちらも奪三振率が高い

与四球は多いですが、奪三振率も高く、強みと弱みがハッキリとした投手ですね。

MLBでは全試合中継ぎで起用されていることや球種が少ないことから、NPBでも中継ぎで起用される可能性が高いと思います。

絶対的守護神のスアレス投手が抜けてしまったので、カイル・ケラー投手にはスアレス投手の穴を埋められるような活躍を期待したいですね!

2022年のプロ野球を逃さず視聴できる、おすすめネット配信サービスの特徴や比較などをまとめた記事はこちらです↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました