美は体内のケアから!美肌を作る生活習慣5選

美容
“出典ONNE Beauty on Unsplashより引用”
この記事は約8分で読めます。

こんにちは!UmeSakuです(^O^)

皆さんは、インナービューティーという言葉を聞いたことがありますか?インナービューティーとは、器官や心など体の内側を整えてきれいになることをいいます。

実は、この体の内側をきれいにすることが美肌を作ためには非常に重要なことなのです。化粧品などで体の外側からケアをされている方は多くいると思いますが、内側のケアについては見落としている人が結構いると思います。

体の外側をケアすることも重要ですが、体の内側がきれいでなければどんなに高い化粧品を使ってケアしていても肌荒れが起きやすくなってしまいます。

そこで今回は、私が体の内側をきれいにするために重要な生活習慣について紹介していきたいと思います。

この記事を読んで欲しい方
  • 毎日スキンケアをしているのに肌が荒れる方
  • 内側のケアについてあまり意識したことがない方
  • 美肌になりたい方
スポンサーリンク

睡眠をしっかりとる

“出典 Gregory Pappas on Unsplashより引用”

美肌を作る生活習慣で最も重要なのが「睡眠」です。

とくに午後10時から午前2時は肌のゴールデンタイムで、荒れた肌が修復されやすく最も美肌につながる時間帯と言われています。

しかし、大切なのはその時間帯でただ眠るだけではなく熟睡できるか、睡眠の質を上げることががポイントになります。

次に、睡眠の質を上げる方法についていくつか紹介したいと思います。

就寝前にスマホやテレビを控える

スマホやテレビ、パソコンなどからはブルーライトが発生しており、このブルーライトの影響で睡眠を安定させるメラトニンが分泌されにくくなり、睡眠の質が低下してしまいます。

とは言っても、どうしてもスマホをいじってしまう方もいると思います。そういった方にはホットアイマスクをおすすめします!

ホットアイマスクは視界が強制的に塞がれてスマホをいじることができなくなり、睡眠の質を上げる効果もあります。

ホットアイマスクについて詳しいことは以下の記事をどうぞ↓

就寝時は照明を消そう

夜寝るときに、照明をつけたまま寝るのはあまり良くないです。先ほどのスマホと同様で寝るときに強い明かりを浴びるとメラトニンの分泌がされにくくなり、熟睡できなくなります。

明かりがないと寝られないという方は、豆電球にしてなるべく部屋を暗くするようにしましょう!

リラックス効果のあるアロマオイルを活用しよう

就寝前にアロマの香りを嗅ぎながら寝ることで睡眠の質を向上させることができます。

とくに、ラベンダーマンダリンカモミールなどは精神を安定させる香りと言われており就寝前におすすめです。その他にも、シダーウッドマジョラムなんかも人気が高いです。

人それぞれ香りの好みがあるので、自分の好みの香りで眠るのが一番良いでしょう。ぜひ、自分の好みの香りを探してみて下さい!

就寝前のカフェイン摂取は避けよう

コーヒー緑茶栄養ドリンクなどに多く含まれているカフェインは、神経を興奮させ眠りの妨げになってしまうため、就寝前は飲まないように心がけましょう。

眠る前におすすめしたい飲み物は、ホットミルクです。温かいのもものは代謝を良くする効果があり、牛乳には神経を落ち着かせる作用があるため就寝前には、おすすめのドリンクです。

バランスのとれた食生活をする

“出典 NordWood Themes on Unsplashより引用”

睡眠と同じくらい美肌作りに大切な習慣2つめは「食事」です。

毎日偏った食事をしていると、肌が荒れていったり肥満になったり、病気になったりと人間の身体に様々な影響を及ばします。

なので様々な栄養素をバランス良く摂取するように食生活をこだわることが重要です。とくに美肌を作る上で注目したい栄養素は、ビタミンAビタミンCタンパク質です。

各栄養素の効果とおすすめの食材について紹介します!

ビタミンA

人間の体も物と同じように酸化を起こし錆びていきます。この酸化こそが老化の最も大きな原因と言われています。

ビタミンAはこの酸化現象を抑えてくれる抗酸化作用があり、皮膚や粘膜の健康を維持してくれる効果があります。

おすすめ食材
  • レバー
  • たまご
  • にんじん
  • ほうれんそう

ビタミンC

ビタミンCは抗酸化作用があり、シミやそばかすを防ぐ、コラーゲンの生成を促すことでシワを改善させるほか、ニキビの炎症を抑える効果もあります。

果物などでも多く摂取できますが、糖分が多いためとりすぎには注意しましょう。

おすすめ食材
  • キウイフルーツ
  • いちご
  • ブロッコリー
  • ピーマン

タンパク質

人の筋肉、肌、髪、爪、骨など体の根本はタンパク質によって作られています。

タンパク質が不足すると肌のツヤやハリがなくなったり、髪のツヤがなくなったりと美容面でも大きな影響を及ぼします。

おすすめ食材
  • たまご
  • 納豆

適度に運動をする

“出典 Chander R on Unsplashより引用”

美肌を作るために大切な習慣3つめは「運動」です。運動には美肌を作る上で様々な良い効果を生んでくれます。

みなさん、会社や学校で辛いことがあったり悩んだ時に運動をすると、今まで悩んでいたことが嘘のように気分がスッキリした!という経験はないでしょうか?

運動はこのように美容の大敵であるストレスの軽減や、筋力アップ心肺機能の向上生活習慣病の予防や改善といった効果を得ることができます。

次に、私がおすすめしたい運動とその効果について紹介していきます。

ウォーキング

有酸素運動のなかでとくにおすすめしたいのは、ウォーキングです。水泳やランニングなども有酸素運動に当てはまりますが、ウォーキングが一番体に負担が少なく継続しやすいからです。

ウォーキングをすることで、代謝が良くなり肌の細胞が生まれ変わるターンオーバーが早くなるため、肌トラブルの改善が期待できます。

また、肌以外にも脂肪を燃焼させることができるので、ダイエット効果もあり、高血圧生活習慣病の予防にも効果があると言われています。

とくに朝のウォーキングは、自律神経を整える効果があり一日を気持ちよくスタートさせることができるので、時間帯はがおすすめです。

ただし、朝起きて空腹の状態でウォーキングをするのはめまいなどを起こす可能性があるので、必ず朝食をとって消化のために30分ほど時間を空けてから行うようにしましょう。

軽い筋トレ

無酸素運動でおすすめしたいのは、筋肉トレーニングです。筋肉トレーニングをすることで「成長ホルモン」が多く分泌されます。

この成長ホルモンが、肌に良い影響をたくさん与えてくれます。成長ホルモンが肌に与える影響が以下の通りです。

  • ターンオーバーを正常化させ肌トラブルが起こりにくくなる
  • 発汗作用を整え潤いのある肌を維持できる
  • 血流が良くなり顔のむくみが改善される
  • 筋トレすることで発生するマイオネクチンがシミを予防する

このように、筋トレをすることによって肌にこれだけの良い効果を生んでくれます。ただし、筋トレのやり過ぎも体に負担がかかるので、必ず筋トレをした直後はしっかり栄養を補給休息をとるようにしましょう。

一日2ℓ~3ℓの水を飲む

“出典 Imani on Unsplashより引用”

美肌を作るのに大切な習慣4つめは「水をたくさん飲む」です。

どんなにスキンケアに気を遣っていても、水分が不足すると肌が乾燥したり吹き出物がでるなど肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

水を摂取することで得られる良い効果が以下の通りです↓

  • 老廃物を排出してくれる
  • 保湿力が高くなり肌が潤う
  • ニキビ、乾燥肌、小じわなどの肌トラブルを改善
  • むくみの解消
  • 血液がさらさらになる
  • 便通が良くなる

水を毎日飲むことによってこれだけの効果が期待できます。とくに血液がドロドロだと肌や髪にツヤがなくなり老けた印象を与えてしまいます。

水は血液をさらさらにしてくれるので肌や髪を健康を維持することにつながります。また、胃腸の働きが悪いと肌荒れを起こしたり、むくみができる原因にもなります。

水は、胃腸の働きを整え便通をよくしてくれる効果もあるので、肌荒れむくみと言った肌トラブルの改善にも役立つでしょう。

スキンケアに気を遣うのも大事ですが、まずは水を積極的に摂取して体の内側から保湿してあげることが美肌を作る上で非常に重要です。

お茶やジュースなどにも水分は含まれますが、ごく微量の水分量しか含まれないため水分を補給する際は、純粋な「」を飲むようにしましょう!

水を飲むタイミングは、1日に6~10回に分けて飲むことをおすすめします。一度にたくさん飲むとお腹を壊してしまうのでなるべく分けて飲むようにしましょう。

水の温度も冷たすぎると体が冷えてしまうので、常温で飲むことをおすすめします。

寝具を清潔にする

“出典 Brianna Santellan on Unsplashより引用”

美肌を作るための習慣5つめは「寝具を清潔にする」です。

寝具については以外と見落としがちですが、不衛生な寝具で寝ていると肌は荒れてしまいます。とくに注意したいのは枕カバーです。

枕カバーは、一番肌との接触が多い寝具です。顔につけた化粧品が付着したり、寝ている間にかいた汗や皮膚やフケなどが付着しています。

そうした汚れを放置していると、「ダニ」が発生しやすくなります。このダニが原因で、アレルギー症状が起きたり、吹き出物などの肌トラブルが起きてしまうわけです。

なので、寝具はとにかく清潔にしましょう!晴れた日には、寝具を外に干して、日光で殺菌しダニを排除しましょう。

布団カバーや枕カバーなどは、こまめに洗濯することをおすすめします!

まとめ

美肌を作る生活習慣についてまとめました。肌を外側からケアをすることも重要ですが、内側からケアをすることは美肌を作る上でとても大切です。

  • 睡眠をしっかりとる
  • バランスのとれた食生活をする
  • 適度に運動をする
  • 一日2ℓ~3ℓの水を飲む
  • 寝具を清潔にする

上記の5つは、体の内側をケアするのに重要なことです。スキンケアをしているのに肌が荒れる人内側のケアについて考えたことがない人などは、ぜひ可能な限りで実践してみて下さい!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました