【オリックス】2022年ブレイクしそうな若手野手3選!

プロ野球
この記事は約8分で読めます。

こんにちは!ウメサクです(^。^)

今回の記事では、2022年オリックスでブレイクに期待がかかる若手選手(25歳以下)をまとめていきますので、気になる方は、ぜひ見てみて下さい。

では、早速見ていきましょう↓

スポンサーリンク

1.来田 涼斗(19歳)

“出典 Joshua Peacock on Unsplashより引用”

1人目の選手は、2020年にドラフト3位で入団した来田 涼斗選手です。

プロフィール

出身兵庫県神戸市
生年月日2002年10月16日(19歳)
身長180cm
体重90kg
投球・打席右投・左打
ポジション外野手
プロ入り2020年 ドラフト3位
経歴

・明石市立明石商業高校

・オリックスバファローズ(2021-)

高校3年時は明石商業高校の主将を務め2020年に春の第92回選抜高校野球大会の出場が決まっていたが、コロナの影響で大会自体が中止になる。

柔らかいバッティングと50メートル5.9秒の俊足が持ち味で、オリックスバファローズに3位指名されている。

プロ入り1年目の2021年にファイターズ戦でスタメン出場すると、初打席の初球にホームランを放ち華々しいプロデビューを飾った。

プロ成績

2軍成績
年度試合数打率打数安打本塁打打点三振盗塁出塁率OPS
202189.25532182226895.286.635
202224.291862517183.337.709
1軍成績
年度試合数打率打数安打本塁打打点三振盗塁出塁率OPS
202123.211711528301.250.588
20228.1502030080.227.377
通算31.198911828381.245.297

選手の特徴

項目評価
対右ミート1.6
対左ミート1.9
パワー2.9
走力3.9
肩力2.8
守備力2.3
来田選手の特徴
  • 俊足強打のリードオフマンタイプ
  • 直球より変化球に強い
  • 落ちる変化球に弱い

来田選手は、足が速く長打力も備えたバッターです。

スイングスピードが速く、盗塁もできるなど将来的に攻撃的なリードオフマンとして期待されています。

2021年の球種別の打率は、カーブ.400(5-2)、スライダー.500(4-2)、チェンジアップ.286(7-2)と変化球に対して高い打率を残しています。

一方でストレートは.222(27-6)、フォーク.000(12-0)と数字を残せず苦戦しました。

特にフォークは6三振と多く三振を奪われているので、今後は速い球の対応とストライクからボールになるフォークを見極められるかが鍵になりそうだ。

2、太田 椋(21歳)

“出典Daiji Umemoto on Unsplashより引用”

2人目の選手は、2018年ドラフト1位入団の太田 椋選手です!

プロフィール

出身大阪府
生年月日2001年2月14日(21歳)
身長181cm
体重84kg
投球・打席右投・右打
ポジション内野手
プロ入り2018年ドラフト1位
経歴

・天理高等学校

・オリックスバファローズ(2019-)

甲子園出場経験はありませんが、高校3年生には主将を務め通算31本塁打を記録した。

ドラフトでは1位と高い評価を受けて入団すると、1年目のファームで打率.258、本塁打6本を放つなど大きくアピールした。

プロ成績

2軍成績
年度試合数打率打数安打本塁打打点三振盗塁出塁率OPS
201964.25823360621554.331.743
202040.24314435314390.337.698
202152.1901743339381.257.573
20229.2583180351.395.750
1軍成績
年度試合数打率打数安打本塁打打点三振盗塁出塁率OPS
20196.000600070.188.188
202020.259541435190.322.785
202153.1721512639441.194.439
202212.1563250190.229.479
通算91.18025045615791.226.506

選手の特徴

項目評価
対右ミート1.9
対左ミート1.7
パワー3.2
走力2.4
肩力3.6
守備力2.0
太田選手の特徴
  • 右打者だが対右投手のほうが相性が良い
  • 近年は変化球のほうが強い
  • 1軍ではエラーが多いが肩は強い

右打者だが、通算左右別打率は対右打者のほうが好成績になっている。

また、1軍通算6本塁打は全て右投手から放っている。

2020年には、ストレートの打率が.300と高く本塁打も2本放っているが、2021年にはストレートの打率が.193、本塁打0本と直球が打てなくなっている。

2021年の3本塁打の内訳は、スライダー1本、シンカー1本、フォーク1本となっており近年は半速球を得意にしています。

2021年はストレートの三振率も高いので、今後は直球の対応が鍵になりそうだ。

3、紅林 弘太郎

“出典Ben Hershey on Unsplashより引用”

3人目の選手は、昨年大器の片鱗を魅せた紅林 弘太郎選手です。

プロフィール

出身静岡県
生年月日2002年2月7日(20歳)
身長186cm
体重94kg
投球・打席右投・右打
ポジション遊撃手
プロ入り2019年ドラフト2位
経歴

・静岡県立駿河総合高校

・オリックスバファローズ(2020-)

高校1年生にしてショートのレギュラーに定着すると、3年の夏には静岡大会で準優勝の成績を残す。

高校通算で40本塁打のパワーと、肩の強さを評価された。

プロ2年目の2021年には、ショートのレギュラーに定着し136試合に出場、本塁打10本を記録するなど大器の片鱗を魅せた。

プロ成績

2軍成績
年度試合数打率打数安打本塁打打点三振盗塁出塁率OPS
202086.22030968120831.281.550
20212.333620010.333.667
1軍成績
年度試合数打率打数安打本塁打打点三振盗塁出塁率OPS
20205.2351740240.278.513
2021136.22844810210481012.251.603
202234.1751202117192.250.475
通算175.21758512711571244.251.574

選手の特徴

項目評価
対右ミート2.3
対左ミート2.3
パワー3.6
走力2.4
肩力4.7
守備力2.8
紅林選手の特徴
  • 広角に長打が打てる
  • 強肩
  • 対右・対左で打率に差が無い

紅林選手の魅力は、広角に長打が打てるパワーと深い位置からでもアウトがとれる肩の強さです。

球種別で見てみると、本塁打10本の内、6本がストレートで打つなど直球にしっかりと対応できていました。

スライダーに対しては打率.169で20三振を喫するなど苦手にしています。

対右・対左ピッチャーに対しては、どちらも成績に大きな開きがありません。

守備のほうでは、開幕直後にエラーが目立ちましたが、試合を重ねるごとにエラーが減り安定感が出てきました。

肩はパリーグの中でも、トップクラスに強く深い所からでもランナーを刺すなど、メジャー級の守備がたくさん見られましたね!

まとめ

“出典 John Abreu on Unsplashより引用”

オリックス期待の若手選手についてまとめました。

昨年は投手で宮城投手、打者では紅林選手などが台頭し活躍しました。

オリックスは、身体能力が高くポテンシャルの高い選手がたくさんいるので、2022年も新たな若手選手の活躍に期待したいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました